新宿の賃貸オフィスで業務を効率化

会社が大きくなってオフィスがギュウギュウに

会社が大きくなってオフィスがギュウギュウに回線が多くてケーブルがグチャグチャ余裕のあるオフィスになって効率化に成功!

これまではスモールオフィスを標榜し、コンパクトなスペースに全てを揃えて業務を効率化することを目指し一定の成功をおさめて来たことを自負していましたが、ここ数年で業務拡張を繰り返し多岐にわたる部門が増えたことからオフィスが手狭に感じるようになりました。
従業員の人数も増えデスクはすし詰め状態で余裕が無く圧迫感を感じるようになったり、通路をすれ違う際にもお互いに気を使って道を譲るのは良いことですが、緊急性があってすぐに取引先様に連絡をしなければならないケースではスムースな移動が阻害されるのも問題になり始めました。
そんな中で、取引先様の担当者の方が商談のために来社された時に、通路が狭くて応接スペースに移動する前に時間がかかってしまったり、すぐ横ではファックスやコピー機、プリンターなどの音がしたり、従業員が全く違う仕事の話をしているのが聞こえてきたりするのが気になっていました。
そしてついに、お客様の方からセンシティブな話しをする時には、ここでは話しづらいから場所を変えて話したいと言われるようなケースも出てくるようになり、これが決定打となって新たなオフィスが必要だと真剣に検討を開始しました。
その時のオフィスは比較的交通の便も良く従業員全員が通いやすいと感じているだけではなく、来社されるお客様からも近くて分かりやすいと評判だったことからアクセス性は欠かすことができません。