日本人はアルコール分解力が弱い

二日酔い対策にはウコンよりもL-システインが良い

西洋人に比べてアルコールを分解する働きが弱い

  • 「お酒を飲むと顔が赤くなりやすい」
  • 「最近、歳のせいか二日酔いが増えた」
  • 「飲むと身体の節々が痛くなる事がある」

こうした特徴は、アジア人に多いようです。
日本人(アジア人)は、西洋人と比べて体内に入ってきたアルコールを無害にするまでの働きが遺伝的に低く、悪酔いや二日酔いしやすい傾向にあります。

お酒を飲んで顔が赤くなるのは、我々黄色人種だけらしいです。

それはさておき、体内に入ってきたアルコールは、アルコール脱水素酵素(ADH)によって代謝され、アセトアルデヒドに一端置き換わります。

これは、中間代謝物であり、最終的には無害な炭酸と水へと変わり排出されますが、その過程でどうしても生まれてしまうものです。

対して、私たちの身体には、アセトアルデヒドを分解する酵素(アセトアルデヒド脱水素酵素)というものがあります。この働きによって、早く分解されれば、二日酔いなどの症状も現れません。

しかし、この酵素の量が少なかったり、または、アルコールの過剰摂取で分解が間に合わないと悪酔いや二日酔いとなる事があります。

体内で毒素として巡っているアルコールそのものやアセトアルデヒドが多ければ多いほど、酔いの症状が強く出るという事です。

お酒に強くても肝臓は強くない?

お酒に強いという事は肝臓が強い事だと言われることがありますが、これは、大きな勘違い。

肝臓にしてもアセトアルデヒド脱水素酵素の量にしても、分解できる能力は人によって決まっています。体質的に分解する力が強ければ、お酒で酔いを感じる事も少なくなりますが、だからといって肝臓が強いとはなりません。

こうした人は、アセトアルデヒド脱水素酵素が元々多く持っている可能性が高く、体質的に西洋人に近いという事は考えられます。

ただし、それは一部の例外。
元々お酒に弱い日本人が毎日のように酒を飲んで酔わなくなってきても、肝臓が強くなってきたわけではないので要注意です。

酔わなくなってきたという事は、どういう状態なのか?

これは、毎日飲酒を繰り返す事で体内を巡っているアルコールやアセトアルデヒドに対して、能などの中枢神経に耐性が付いて反応が鈍くなっている状態。

血中アルコール濃度が高くなっても酔いとして、危険信号を出さなくなっている状態と言えます。つまり、酔いの反応が弱くなってきた時ほど危険な状態。