アセトアルデヒドとは

二日酔い対策にはウコンよりもL-システインが良い

血中濃度が高くなると二日酔いも重くなる

アセトアルデヒドは、アルコール(エタノール)の中間代謝物質です。
体内に残っていると有害なアルコールを最終的に無害な水と二酸化炭素という形で排出する為に一時的に出来る有害物質です。

お酒(アルコール)を飲むと、体温が上昇し血液循環が良くなる事など、酔いの状態が現われますが、一方のアセトアルデヒドは、頭痛や吐き気、胸のむかつき、体の震え、喉の渇きなどが顕著に現れることがあります。

飲酒することで体内にアルコールが吸収されると、血液中に入ったアルコールは、肝臓の中でアルコール脱水素酵素の働きによって、アセトアルデヒドへと代謝されます。

続いて、血液中のアセトアルデヒドを代謝する為に、アセトアルデヒド脱水素酵素の働きによって酢酸に変わります。

人によっては、目まいや関節の痛みを感じることも有るようです。

こうした二日酔いの症状ですが、血中のアセトアルデヒド濃度が下がらない限り二日酔い状態が長く続くことになります。場合によっては、翌々日にまで引きずることも有るようなので、くれぐれも飲みすぎには注意しなくてはいけません。

特に、胃が空の状態で大量に酒を飲んだり、アルコールの摂取による利尿作用が強く、それによって、体内の水分量が著しく減っている場合は、尚更、血中のアセトアルデヒド濃度が高くなり二日酔いとなる危険性があるので注意が必要です。

また、日本人(アジア人)など黄色人種は、遺伝的にアセトアルデヒド脱水素酵素の量が少ない人が多いらしく、それだけ二日酔いになりやすい体質のようです。

このようなアセトアルデヒドによる二日酔いの症状を軽減する為には、水をこまめに飲むことが良いようです。

水を飲むことはアルコールの利尿作用によって強制的に排出された水分を補うことができ、同時に、アセトアルデヒドの血中濃度を下げることに繋がります。

二日酔いを防ぐ上でも、お酒の合間に水を飲むようにするのも効果的な方法のようですが、沢山お酒を飲まなければいけないような場合は、中々それもできないかもしれません。

そんな時でも、L-システインを補っておけば、アルコールの分解だけでなく、アセトアルデヒドの分解もサポートしてくれるので、こうした二日酔いによる嫌な思いをしなくて良くなるかもしれません。